日本だけじゃなく、世界のリサイクルの仕組みも知ろう

リサイクル先進国アイルランド

日本のリサイクルを見直すためには、最新で工夫のなされたリサイクルシステムを用いている国を参考にすることが大切です。 リサイクル先進国として特に有名なのが、スウェーデンとアイルランドです。 まずは、アイルランドのリサイクル事情について見ていきましょう、

最先端のリサイクル!スウェーデン

最新のリサイクルを行なっている国と言ったらスウェーデンでしょう。 スウェーデンは、他国にはない画期的なリサイクルによって埋め立てゴミを最小限に減らしています。 海外のリサイクルを参考にする上で、欠かせない国です。 どのような取り組みをしているのか、見ていきましょう。

おすすめリンク

世田谷区で不用品回収をお願いする場合

世田谷区での不用品回収は粗大ごみとして行政に頼んだり、民間業者に引き取ってもらう事も可能です。

横浜の不用品回収が安い理由

どうしてこんなに安く出来るの?横浜にある不用品回収業者は無駄を省いて安く回収出来る様にしました。

京都市の粗大ゴミ業者を依頼する際の比較ポイント

京都市で粗大ゴミ回収している業者を比較するなら料金?それともサービス?自分に合った業者に依頼しよう!

安さと丁寧さが自慢の川崎の粗大ゴミ回収業者

川崎市の自宅にも無料出張してもらえる粗大ゴミ回収業者!安さと丁寧さが自慢の良い業者です。

地球を守るためには世界のリサイクル事情を知るべき

資源の回収・分別方法は、大きく分けると「選別センター方式」と「発生源分別」の2通りがあります。 それぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらを採用するかは国や地域によって違います。 日本では、世界的に見てマイナーな「発生源分別」を採用しています。

世界でメジャーな資源回収方法

私たちは、「地球の環境を守ろう」「リサイクルをしよう」と教育されてきましたが、その内容のほとんどが狭い範囲での既存のシステムをなぞるだけで、「リサイクル先進国」と呼ばれる国の最新のリサイクル方法や工夫まで詳しく触れられていないのではないでしょうか。
日本の現在のリサイクル法は、「リサイクル先進国」と呼ばれる国に大き遅れをとっています。
リサイクル法では、企業よりも自治体の方がリサイクルにかかる費用を多く負担するかたちとなっています。
このやり方では、企業が使い捨て商品を大量生産しても税金で処理されてしまうため、生産者はリサイクル意識を持とうとしません。
そして、「税金でリサイクルを進めても、ごみ自体は増えていく」という状態を招いているのです。
しかし、私たちが生活をする中で、それを批判する声を耳にすることは多くありません。

地球の環境を守るためには、地球全体で物事を考える必要があります。
よりよいリサイクルシステムがあるなら自国でも再現できないか考慮し、リサイクルの知識がない国があれば先進国がフォローするべきです。
どこかの国が完璧なリサイクルを行なったところで、どこかの国ではゴミをそのまま海や土に流していたのなら、残念なことに環境破壊は進んでいくばかりです。
これは単なる例えではなく、実際に「リサイクル先進国」であるスウェーデンはゴミの埋め立て率1パーセントを誇る一方で、発展途上国では「ゴミは土にまけば勝手に分解される」と信じられ、資源の枯渇についてもどこ吹く風です。

また、リサイクルに取り組みながら、リサイクルの難しい廃プラスチックを大量に排出している国もあります。
残念なことに、これは日本のことです。

世界のリサイクル事情を知り、環境問題について全体像を把握しましょう。