日本だけじゃなく、世界のリサイクルの仕組みも知ろう

>

最先端のリサイクル!スウェーデン

この記事をシェアする

スウェーデンのゴミ活用がすごい

リサイクル先進国として外せないのが、スウェーデンです。

スウェーデンで活用できないまま埋め立てられるゴミは、なんとわずか1パーセントだそうです。
つまり、99パーセントのゴミは、リサイクルないし他の活用方法に利用されていることになります。

気になるゴミの活用方法ですが、排出されるゴミの半分については、焼却する際にエネルギーを回収して利用しているそうです。
つまり、ゴミで発電を行なっているのです。
ゴミの処理にコストがかかるどころかエネルギーに変換できるため、スウェーデンでは他国からゴミを輸入までしています。
このシステムをスウェーデン以外の国でも上手く活用できれば、自国のリサイクル問題と、発展途上国のゴミ問題を解決できる糸口になるかもしれません。

エネルギー回収以外でも

スウェーデンのゴミの約半数がエネルギーに変換されているということでしたが、残りの内訳はどのようになっているのでしょうか。

ゴミのうち、約33パーセントが、製品の原料としてリサイクルされています。
そして約16パーセントが、肥料やバイオガスとしてリサイクルされます。
プラスチックや金属だけでなく、生ごみなどもバイオガスとして再生されるため、埋め立てゴミが驚異の1パーセントなのです。

リサイクルには種類があり、資源を原料に戻して製品に再生する「マテリアルリサイクル」と、化学的に分解して再生する「ケミカルリサイクル」と、焼却時のエネルギーを利用する「サーマルリサイクル」が挙げられます。
サーマルリサイクルは「サーマルリカバリー」とも呼ばれ、リサイクルに含めるかは国によって変わってくるのですが、とにかくスウェーデンはすべての種類のリサイクルを活用している国なのです。